初めての借入れ経験 簡単に手に入った20万円

私は20代半ばのとき、正社員としてではなくフリーターで複数アルバイトをしながら生活をしていた時期がありました。一度は就職をしたものの、リーマンショック直後ということもありその会社はとても雰囲気が暗かったです。全く面白くなく私は「好きに生きたい!」と考え会社をやめることとしました。アルバイトはバーテン、チラシ配り、イベントスタッフ等色々やっていましたが、それでもやはり収入はなかなか安定せず、結局私は初めてキャッシングでお金を借り入れることにしました。

自宅近くの店舗へ駆け込む

真っ先に頭に思いうかんだのは、自宅のすぐ近くに店舗があった新生銀行カードローンでした。私はバイトの行き帰りなどで毎日のようにその看板を目にしていました。CMでも見たことがあるし、使うなら有名なところのほうが安心だな、と思いそこにしました。まさか自分が利用するようになるとは・・・という思いもありましたが、とはいえこのままでは資金難で生活費すら回らなくなります。私は給与明細を握りしめてその店舗へ駆け込みました。

清潔感のある店舗

入ってみると、意外や意外白を基調とした店舗の内装でとても清潔感がありキレイな店舗でした。消費者金融というものにやはり怖いイメージがどこかあったのですが、全然そんなことはなかったです。「普通の金融機関だなぁ。」と感じました。その雰囲気で、ちょっとほっとしたのを覚えています。個室になっているATMで、画面案内と丁寧な音声案内に誘導され、私は手続きを進めていきました。初めての手続き。ドギマギしながらも音声案内の担当者の方がすごく親切だったので、私は落ち着いて進めることが出来ました。消費者金融への印象は全く変わりました。

ものの1時間以内で現金ゲット

こうして、私はお店に駆け込んでからものの1時間以内に、緑色のカードと現金20万円を利用する権利を得たのです。「よかった。これで生き延びれる・・」とどこかほっとしたのと同時に、「え、こんな簡単に借りれちゃうの?」という思いに駆られました。あぶく銭を手に入れたみたいな感覚があったのも事実でした。

まとめ

読んで頂くとわかりますが、案外簡単に今は金融機関からお金を借りることが出来ます。一生懸命働いたお金とは違いどこか軽い気持ちがよぎるのも確かでした。ですので、きっちり計画的に返済をすることをお勧めします。私は多少無駄遣いなどもしたため、結果的に返済には長い間苦しみました。キャッシングは、金融機関から借りるのではなく、将来の自分からお金を借りているのです。金利もばかになりません。どうしても必要なときは良いですが、利用する場合は是非前倒しで返済をしていきましょう。