書類審査の際に必用なものは何か

キャッシング審査を受ける際には、一般企業に務めている方や、公務員の方は、基本的には自身の身分証明書だけで十分です。まだキャッシングを利用したことの無い方は、収入証明書は必要ではないのか、と思われるかもしれません。もちろん、収入証明書が必要となりこともありますが、むしろそちらの方が限定された場合です。ですので、収入証明書が必要となる場合だけを押さえておけば、借入の際に書類が必要だと言われたのに用意をしていなかった、という心配もなくなるので、きちんと知っておきましょう。今回は、収入証明書が必要となる場合と、それ以外の書類が必要となる場合もご紹介します。

借入金額によって収入証明書を持参する必要がある

消費者金融の場合は、どこの会社であっても、50万円までならば、収入証明書は不要です。逆に言えば、50万円以上の借入を希望する場合は、必ず収入証明書を持参しましょう。消費者金融の場合は、ほぼ一律ですので、そう考えておけば大丈夫なのですが、銀行カードローンの場合は、金額が違うことがあります。ですが、銀行カードローンの多くは、300万円以上の借り入れの際にのみ、となっているので、これから紹介する銀行の方が、特殊だと言えるでしょう。まず、東京三菱UFJ銀行の場合は、100万円以上の借入のときのみです。そして、みずほ銀行の場合は200万円以上のときのみ、とこれらの二つの銀行から借入をする場合にしか、収入証明書が必要となる金額が違うことはありません。こちらから借入する場合には注意しましょう。

収入証明書が必須となる職業とは

また、収入証明書は職業によっても必要となることがあります。ただ、業種によって違う、という訳ではなく、フリーランスの方、個人営業の方、会社経営者の方などの、収入が不安定になる仕事をしている方の場合です。収入証明書として使える書類には、給与明細などがないので、確定申告書の控えなどを利用する必要があります。

専業主婦は借り入れの際に書類が増える

また、収入証明書ではありませんが、夫の収入を元に暮らしている専業主婦の方が借入をする際には、銀行を利用する必要があり、しかも、身分証明書以外の二種類の書類が必要となります。それらは、住民票と配偶者の同意書です。住民票は配偶者との婚姻関係を証明するため、配偶者の同意書は、夫の収入から返済にお金を充てることを同意してもらったことを証明する書類です。もしも、専業主婦の方が借入をしたいと言う場合には、これらが必要になるので、覚えておきましょう。また、中には東京三菱UFJ銀行のバンクイックなど、配偶者の同意書が不要となる場合もあるので、もしも、これらの書類を用意できない事情があるのであれば、それらの銀行を利用することをオススメします。

必要な書類はきちんと準備しておく

以上が、キャッシングの審査の際に必用となる書類です。これ以外の書類は、原則としては必要となりません。また、消費者金融の中には、在籍確認をする際に書類で行ってくれる場所もありますので、それらを利用する際には書類として、給与明細などが必要となることがあります。これらの書類が必要になる場合はきちんと覚えておいて、該当する場合には申し込みの前にしっかりと準備しておきましょう。